2018年8月11日土曜日

第44回神戸支部定例会開催報告

日時:2018年8月8日(水) 19:00-21:00
会場:荻原みさき病院 リハビリテーション室
参加者数:74名

定例会の報告
はじめに,明舞中央病院の稲葉将史先生より,鵞足についての機能解剖を中心に,臨床とリンクするよう変形性膝関節症との関連性,鵞足の鑑別方法,治療方法などについてのミニレクチャーをして頂きました。また,伏在神経絞扼障害についても話をして頂きました。
稲葉先生によるミニレクチャー
続いて,明舞中央病院の山本昌樹先生に,大腿直筋,薄筋,縫工筋,大内転筋,内側広筋の触診のレクチャーをして頂きました。臨床でよく診る場所なので,参加者もイメージしやすかったと思われます。
山本先生による講義
山本先生による触診指導
参加者の実技練習(中:アシスタント講師の水島)
参加者の実技練習(左:アシスタント講師の谷口)
次回の定例会
定例会では,触診の実技を中心に,ミニレクチャーをあわせて行っています。毎月第3水曜日の19時から,荻原みさき病院で開催しています。

第45回定例会は,2018年9月19日(水)に開催します。次回は,膝の外側の筋肉が中心になります。会場の都合により,お申し込み多数の場合には,先着順で締め切らせていただく場合があります。 お早めにお申し込みください。

定例会の日程・内容・お申し込み方法につきましては,本Blogの[定例会・症例検討会]のページをご覧ください。ご興味がある方のご参加をお待ちしています。

神戸支部 世話人 水島健太郎

Blogの更新情報,定例会や技術講習会等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿