2016年3月13日日曜日

整形外科リハビリテーション学会大阪支部 第2回特別講習会 参加報告


本日,整形外科リハビリテーション学会大阪支部の特別講習会が西淀川区民会館で開催されました。

内容は,午前が運動器機能解剖学研究所の岸田敏嗣先生による『仙腸関節性腰痛の評価と治療』,午後から大久保病院の山本昌樹先生による『胸郭出口症候群の病態理解と評価 その治療について』の2本立てでした。
岸田先生の講義
山本先生の講義
神戸支部の稲葉,久須美,谷口と大久保病院の吉川(大阪支部 世話人)がスタッフとして参加してまいりました。 仙腸関節の形状や移行椎との関連,エコーや注射を用いて得られた知見をもとにしたお話は大変興味深いものでした。
また,実際に胸郭出口症候群の症状を有する被験者でのデモンストレーションも見ることができ,日頃の臨床での所見の取り方を見直す良い機会となりました。

他の疾患との鑑別や治療方針を決めるうえで正確な触診に基づく評価が重要となります。明日からの臨床でもより丁寧な評価を心掛けていきたいと思います。
講師の先生方,準備を進めていただいた大阪支部のスタッフの方々,またご参加いただいた皆様に感謝致します。

神戸支部 世話人 稲葉 将史

Blogの更新情報,定例会やセミナー等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿