2017年1月7日土曜日

第26回定例会のお知らせ

神戸支部の定例会では,ミニレクチャーと触診の実技を行っています。これまでの定例会の様子はこちらの記事をご覧ください。[過去の定例会の報告記事(第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回第9回第10回第11回第12回:1周年記念第13回第14回第15回第16回第17回第18回第19回第20回第21回第22回第23回第24回第25回)]
定例会の様子
第26回は2017年1月18日(水) 19:00から荻原みさき病院で開催します。内容は「肘関節・前腕の骨の触診3」,「肘関節・前腕の靭帯の触診1」です。

ミニレクチャーは大久保病院の三宅崇史先生による「前腕遠位の骨・肘関節の靭帯触診と臨床への応用」です。
ミニレクチャーでは,
・橈骨茎状突起・リスター結節・尺骨頭・尺骨茎状突起:Colles骨折およびTFCC損傷について
・肘関節内側側副靭帯(前斜走線維・後斜走線維):いわゆる野球肘について
・外側側副靭帯および輪状靭帯:前腕回内制限について
それぞれ触診的意義に結び付けた内容が予定されています。
第26回定例会 ミニレクチャー
ミニレクチャーの後は,大久保病院の山本昌樹先生による触診の講義と実技指導,参加者の触診があります。

ご興味がある方のご参加をお待ちしております。定例会・症例検討会の日程・内容・お申し込み方法につきましては,本Blogの[定例会・症例検討会]のページをご覧ください。


Blogの更新情報,定例会やセミナー等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿