2015年3月16日月曜日

整形外科リハビリテーション学会 関西ブロック全国研修会 2015 参加報告

日時:2015年3月14日(土) 10:20~17:20
    2015年3月15日(日) 9:30~16:10
会場:兵庫県中央労働センター 大ホール

整形外科リハビリテーション学会 関西ブロック全国研修会に山本昌樹先生が講師として,稲葉将史と久須美雄矢がアシスタントとして参加してきました。また神戸支部からは,水島健太郎と三宅崇史も参加してきました。

今回のテーマは『腰部周囲の機能解剖学的触診・腰痛の評価と治療』という内容でした。林典雄先生をはじめとする総勢11名の講師の先生方が腰痛治療についてお話してくださいました。
腰痛はその85%が原因不明の非特異的腰痛と言われていますが,詳細に評価を実施し,原因を特定してアプローチしていくことが重要であると考えます。今回は『筋筋膜性腰痛』,『脊柱管狭窄症』,『椎間板性腰痛』,『仙腸関節性腰痛』,『椎間関節性腰痛』に加え,『腸腰靭帯由来の腰痛』,『上殿皮神経由来の腰痛』といった病態についての説明やそれらに対する評価,治療方法について実技指導も含め,ご講演いただきました。


講師の先生方の治療技術を間近で見させていただくことはとても勉強になりました。またアシスタントとして実技指導する中でも自分の技術の不十分な点も確認することができ,とても貴重な経験をさせていただきました。こういった先生方に近づけるよう日々努力していきたいと思います。

このような機会を与えてくださった,整形外科リハビリテーション学会京滋支部の小野志操先生,辻修嗣先生に感謝致します。
神戸支部世話人 稲葉 将史

Blogの更新情報,勉強会や技術講習会等に関する新着情報,お申し込み受付開始のお知らせ,お申し込み状況等の最新情報は,Facebookページでいち早くお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿